脱衣商品!だからお得にお買物

PR

だけじゃない、脱衣

ノブちゃんのワガママで混浴露天風呂に入ることに

ノブちゃんは夜中の1時ころ、誰もいないか覗きに行った

部屋に戻ってくるなり
ノブ「さくらちゃん!誰もいないよ、ていうか、廊下もシーーンとしてるし、人の気配すらしないよ、今日旅館自体空いてそうだし、きっともう誰も来ないよ!行こう!」

めっっちゃ張り切ってるし…

あーーでもなんかやだなー本当に途中で誰か入って来ないだろうかー

私「仕方ない、行くか」
ノブ「うん!!」
目、キラキラしてるし…

廊下に出ると本当に静かで就寝の雰囲気

混浴風呂の脱衣所に入る。たしかに誰もいない

脱衣所が寒いってのもあるけど急いで服を脱ぐ

私「ちょっとノブちゃんこっち見ないでよね」
ノブ「わかった、襲いたくなるから我慢する」
フェイスタオルで体を隠して急いで外に出る

私「わー、たしかに、すごくいい感じの露天だねー」
ノブ「でしょ!?でしょ!?」

ゆっくりお湯に入る

私「気持ちいいねー!」
ノブ「さくらちゃんが喜んでくれてよかった」
ノブちゃんは後ろから私を抱きしめて自分の膝に乗せた
少しだけ雲が多いから星はそんなにたくさん見えないけど、月明かりがすごくキレイ

ノブちゃんは後ろから私の胸を触ってくる

私「ノブちゃんだめだよ」

ノブ「ちょっとだけ」

今度は私の首にキスをしながら激しく揉んでくる

私はついつい声が出ちゃう

するとノブちゃんは耳元で「声響いちゃうよ」って意地悪言う

お湯の中でノブちゃんのが大きさマックスになってるのがわかる

私のお尻に押し付けてくる

私はちょっとだけ手で触ってあげた

ノブちゃんは興奮して私を自分の方に向け、私の上半身を持ち上げた

私の胸がお湯から出て露わになるのをイヤラシイ目でじーっと見てくる

両手の親指で時々弄りながら胸を執拗に見てくる

私「ノブちゃん…」
私は感じたことのない恥ずかしさが込み上げて自分の手で胸を隠そうとした
ノブちゃんはそれを許さないかのように阻止して胸をひたすら眺めてくる

何この変態プレイみたいな…見られるだけでこんなに興奮するなんて…

ノブ「さくらちゃんの敏感なとこ、立ってるよ」
私「やだ、ノブちゃん…」

そしてたっぷり意地悪に見られるだけで放置されて、私の頭がおかしくなりそうになったころ、ノブちゃんは私の敏感なところを摘んできた
んっ…
不思議なことに私はそれでイッてしまった

こんなこと初めてで自分でもどうしていいかわからない

私「続きは部屋でしたいな…」

ノブ「いいよ」

ノブちゃんはにっこり笑って温泉から出た

元気になったのをビヨンビヨンさせながら歩くノブちゃんを見てついつい笑っちゃった

のぼせ気味だからお湯から出ても全然寒くない

浴衣を羽織って脱衣所から出ようとしたら
ガラッ
「あっ!!」

サラリーマンのおじさんが2人
あっっぶなーーーーー!!!!
私たちはそそくさと部屋に戻った
私「ねえ!やっぱり来たじゃん、ちょーニアミスだよ?かぶってたらどーしてたのさ!」

ノブ「いやー驚いた」
私「驚いたじゃないよ、だいたい私の体を他のおっさんに見られるの嫌じゃないの!?」
ノブ「嫌だよ!って言うか今、他のおっさんて言った?さくらちゃんにとって俺がおっさんだからそれに対しての他のおっさんだよね?俺のことやっぱりおっさんだと思ってるんだね!涙」
私「そんなことは今関係ないよ、ていうかさ、なんであの人たち混浴の方きたんだろう?男2人なら男湯行けばいいのに!」
ノブ「さくらちゃん、ノブちゃんはおじさんじゃないよ、まだ29なんだからっていつも言ってくれてたのに、やっぱりさくらちゃんからしたらおっさんなんだ…そりゃ、8個も上だしね…」

私「ねー聞いてる?あの2人何目的?やっぱ、あわよくば女の体見れると思って入ってきたのかな?こわっやっぱ混浴風呂なんて行くもんじゃないわ」

ノブ「ねー俺ってやっぱおっさん?」私「しつこい!」

そんな感じでさっきのムードは一気に冷めて、私はビールを飲んで寝た

ノブちゃんに背中を向けて寝ていたら後ろにぴったりくっついてきて耳元で

「さっきの続きしよ?だめ?おっさんだから、だめ?」

ってしつこく言ってきてちょっと吹き出しそうになったけど無視してるうちに私もノブちゃんも寝てしまい気付いたら朝だった
そんな感じでノブちゃんとの一泊温泉旅行は楽しく終わった
PLANTS&ROOM FRESH WATER 300ml(Fヒノキ) 天然ヒノキ 消臭除菌スプレー 日本製 100%天然成分の安心安全 ベビー 虫よけ 加湿器 アロマ 香り 靴 足 ルームフレグランス 車 トイレ 玄関 ペット1,880円Amazon

きらめき★脱衣

こんばんは。
実は昨日、心底ガッカリする出来事がありました。
先日アメブロのトピックスに取り上げてもらったように

トイレの塗装カラーを間違えミスを認めたばかりの工事チーム。

それからまだ数日と経っていないにも関わらず

またもや
ミス発覚
もう 悲しいとか 悔しいとか通り越えて
心底ガッカリしました。
『あぁ、彼らには何も伝わってなかったんだ。
ミスを無くそうと変わってくれるかと期待した私たちがバカなんだ』と。

家づくりって何なんだろう?

どうしてこんなに苦しい想いばかりしなくちゃいけないんだろう?と

涙が溢れました。
今回のミスはも?
とても単純なミス。

現場監督と作業員が確認作業をきちんと行っていれば防げたであろうミス。
場所はこちらです↓
洗面脱衣室です。
洗面台が設置された日に主人が現場で撮影しました。
この写真だけだと何がミスなのか一見分からないんですが…

問題なのは床です。

わが家は以前ブログにも書きましたが
洗面脱衣室の床材として
東リのフロアタイルを使用する事になっていました。
ヘキサゴンの形がとても可愛く一目惚れしたタイルです。
元々ハウスメーカーでは東リの取り扱いは無かったのですが、
調べてもらったところオプション費用無しで採用OKと返事をもらい、嬉しかった日の事を今でも鮮明に思い出します。

他社のフロアタイルやクッションフロアも含め何日も何時間もかけ 熟考した思い入れのある場所の一つなのです。
図面や仕上げ表にも東リのフロアタイルでバッチリ記載されています。
に・も・関わらず!

現在の状態がこちら↓
フローリングになっています。

怒る気持ちを何とか抑え現場監督に確認したところ
『廊下からそのままの流れで洗面室まで続けてやっちゃったんだと思います。仕上げ表は渡してあるんですけどね〜』

この言葉を聞いて心の中で何かが壊れました。

そして長年の夢だった注文住宅を建てた事をこんなにも後悔した日はありません。

これがミスを犯した現場監督の言うセリフなのか…と呆れ果てました。

もちろん謝罪はありません。
『フローリングを剥がして本来貼るべきものに貼り直します』
とお得意の補修内容の説明をして終了
この単純なミスにより剥がす事になったフローリング、一体誰のお金で購入した資材なのか?

当たり前ですが施主である私たちのお金です。

わが家はつなぎ融資無しなので土地代全額と、工事費の2/3を支払い済みです。

着工当初から荒れ放題の現場を見るたび

引渡し前とは言え、私たちの土地なのにまるでハウスメーカーの物かのように悪びれた様子もなく 雑に扱われ本当に悔しい想いでいっぱいでした。

暑い日は冷えたさんぴん茶を持って作業員さん達に差し入れをし、
「いつも暑い中ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えてきました。

そうする事で少しでも彼らの気持ちが良い方向に変わってくれる事を願っていました。

でも もう いい加減そんな事は無理だと悟りました。

彼らは施主の気持ちなどどうでもいいのです。

図面の通りに仕上げるという当たり前の事が出来ていなくても彼らは反省しないし改善していかなくては!という危機感もありません。

それが現実なのだと思い知りました。

今後どのように対応していくのかハウスメーカーの社長を含め話し合う場を持つ事にしました。

私たちの大切なお金と時間を使い人生を賭け決断した家づくり。

絶対に彼らに泣き寝入りなんかしないと固く心に決めました。

PR

コメントは受け付けていません。