検索エンジン広告とは

コラム

アフィリエイトを実践する上で、重要な役割を果たすことになるのが「検索エンジン広告」です。

さて、検索エンジン広告とはいったい何でしょう?

検索エンジン広告とは、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンの「検索結果画面」に掲載されるクリック課金型のインターネット広告のことです。

広告主が任意に選択したキーワードの検索結果画面に広告を掲載することが出来ます。

現在、日本で利用できる検索エンジン広告は主に2種類あります。

ひとつはGoogleやBIGLOBE、@niftyなどの広告を掲載できるGoogle社の「アドワーズ」。

もうひとつはYahoo!JAPANやmsn、FreshEYEなどに広告を掲載できるオーバーチュア社の「スポンサードサーチ」です。

検索エンジン広告では、どのようなキーワードで検索が行われた時に広告を表示するか、ということを広告主が自由に選択することが出来ます。

このキーワードの数にも制限はなく、広告出稿から実際に掲載されるまでの期間が短いのも魅力的です。

(アドワーズでは一部を除いて広告出稿後すぐに掲載開始、オーバーチュアは5営業日以内に掲載開始です。)

これによってスピーディーに検索エンジンからのアクセスを確保することが出来るのです。

関連記事
  • 家電はネットで購入した方が得?!

    電化製品を買う際、大抵の人は電気屋さん、もしくは家電量販店に行って実物を見てから検討したりしますよね。またはじめから狙っている家電製品があるのなら、価格を調べ歩 ...

    2011/01/16

    コラム

  • せどりで稼ぐ?!

    「せどり」とは「競取り」もしくは「背取り」と書かれます。同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ることを言います。せどりはかつては古本売買の業者が中心 ...

    2011/01/15

    コラム

  • ネットオークションで不用品処分

    昔からリサイクルという感覚は存在していました。家で使っていた不要なもの衣料品や家具などをバザーに出したり、直接売っていたり、不用品を有効活用する活動はネット普及 ...

    2011/01/14

    コラム

  • ネットオークション活用で稼ぐ

    ネットオークションでは一般家庭では不要なものを売って少しでも儲けるのが主流でしょう。しかし、一般家庭でも少し工夫をしてオークションを利用し、業者並みに稼ぐ人もい ...

    2011/01/09

    コラム