帰りの電車 花は人を磨きます。

帰りの電車

新製品が安い 帰りの電車

おはようございます

今日も快晴
残暑が厳しい予感です...
さてさて...
突然ですが
皆さまは、どなたかに
摂食障害をカミングアウトされてますか?
色々なブログを拝見していると
ご両親や、旦那さまと共に
病気と向き合っておられるかたや、
心を許せるお友達に打ち明け
その後も、変わらぬ関係を続けているかたも
たくさんいらっしゃるようですね。
私の場合は
摂食障害うんぬんに関わらず
自分のことを話すのが、とても苦手。
特に、摂食障害のことは
たとえ完全に克服したとしても
墓場まで持って行きたい派です。
母は気付いてはいますが、お互い話したことはナシ
夫も知りません...



ただ...
今のところ、1人だけ
カミングアウトをした人がいます。
高校時代の同級生、Aちゃん
私のなかでは
青春時代からずっと変わらない
いちばんのお友達です。
東京で
超オシャレショップのマネージャーをしている
キラキラ、キレキレのAちゃん
私が、東京で夢を追っていた
カメラマン時代も
Aちゃんと遊ぶのが、癒しでした。
カミングアウトしたのは
私が結婚を決めて、京都に帰った3年前。
2人で、私の独身最後を記念して
温泉旅行に行った時のこと...
楽しいことが大好きで
美味しいものも、たくさん食べたいAちゃん。
というか、普通は皆そうですよね
彼女に対し
摂食障害が、全盛期だった私。
案の定
昼食のパスタは、ほぼ残し...
お土産屋さんの試食は、断固断る...
海鮮の屋台や、ご当地スイーツも素通り...
夕食は海鮮居酒屋でしたが、つまむ程度...

↑割り勘だったので、気を遣ったAちゃんも少食に

かと思いきや、解散前の
朝食バイキングは、ここぞとがっつく...
当たり前の、結果...
Aちゃん、機嫌を損ねる
私に対する、不信感MAX
帰りの電車は、不穏な空気に包まれていました。
せっかく、私のために
Aちゃんが、企画してくれた旅行だったのに。
今になって分かる...
旅の醍醐味って
そこでしか味わえない物を
食べる楽しみが、大きいですもんね。
こんな状態のまま
京都に帰るなんて無理だ。
これまで、摂食障害のせいで
たくさんの人間関係を失ってきたけど
Aちゃんのことは、大切にしたい。
そんな訳で
帰ってから
長文ラインでカミングアウトしたのです。
おかげで
Aちゃんとの関係は、続いています。
私の性格を、よく知ってくれているAちゃん...
以前と変わらず友達でいてくれているし
直接、色々聞いてきたりはしません。
でも
心配してくれてるのは、すごく伝わる。
私としては、少し気まずいです。
ただ
Aちゃんへのカミングアウトは
して良かったと思います。
前置きが長くなってしまいましたが
来週、Aちゃんが遊びに来てくれます。
ツワリ中の私を気遣って
家まで来てくれる事になりました。
一緒にランチするのですが
せっかく、足を運んでくれるのだから
食事はこちらで用意したい。
何が食べたいか聞いてみようっと
例のがっつきバイキング
いま見てみると、別に普通やん
てか
今の私なら、普通にもっと持って来る
当時は、この少しのオレンジジュースや
パンやバターなんて
非日常極まりない代物だったのですね
良い1日を
ランキングに参加しています

帰りの電車を通販サイトで検索、今の時期に活躍するグッズをチェックしましょう

私、人に興味が無いんだなぁって気付きました…もっと言うと、その『人』の中には自分も入ります。
自分を含めた、人(人類…っていうと大げさ?)に興味が無い。
昔から、物事は成るように成る、その成る流れに乗るしか無い、流れには逆らえない、とどこか諦めのような感覚がずっとあって、だから何故そう思うのか本の中に答えを求めてました。
子供の頃から、絵本も好きでよく読みましたけど、いわゆる神話もの(古事記やギリシャ神話、北欧神話、インディアンの伝承)とか大好きだったし、大きくなってからは哲学書、古代文明や遺跡発掘に関わる本、宗教学者の書いたものなど、旧くからの人の営み・思考にまつわる本ばかり読んだりして、極端な言い方をすれば「人とはどういう物の考え方をしているのか」を知ることができそうな本を好んで読んでいましたし、今でもそうです。
話は少し変わって先日、友人がとある神様カードを持っていて、何か聞きたいことがあるならカードに聞こう!ってなったんです。
一緒にいた別の友人は明確に「〇〇するにはどうしたら?」って出てきたんですけど、私は結局聞きたいことが思い浮かばず、パスしました。
私、いつもそうなんですよね。
スピリチュアル系のセッションやコンサルとか行きたくて行くのに、聞きたいことが思い浮かばないんです。
悩みがない、とも言えるかもしれませんがこれを叶えたい、この問題を排除したい、こういう風になりたい、だからそれらの方法は?っていう問いが浮かばない。
ちなみに、その時問いとして捻り出そうとしたのは、パートナーはいた方がいいのかしら?だったら作る方法にしようかな、とか、何となく生きづらい気がするからその解消方法は?とかにしようかな、と考えました。
それらを口に出したら、カードに聞いてくれると言った友人に「パートナーが欲しい、じゃなくていた方がいいのか?っていうのは自分が決めることだし、生きづらいっていうのもそれが解消された先でどうしたいかを聞かなきゃ。っていうか、本当に聞きたいのはそこじゃないでしょ、それじゃないんじゃない?」とピシャリと言われ、うーん、本当に聞きたいことかぁ。。。(?-?)と考えていたら、聞きたいことは無いなぁと思ってパスする!と言った私に「そういうと思った(笑)」と言われて。
で、カード云々の前に、友人たちと3人で色々お喋りしていた中で「真の意味で人に興味・関心を持つこと、持って接することが今世のまほのテーマだね、それをせずには魂の課題は終わらないんじゃないかなぁ」とカードを持っていた友人が言いました。
「本当の意味での人に興味・関心を持たないまま、今もずーっと潜伏してる、水面下にいるけど、そろそろ転換期なのかもね」と言われて、その言葉を咀嚼中に、別の話題から今カード持ってるから聞きたいことあるなら聞こう!って流れになりましたが、私は結局パス。
帰りの電車で何だかモヤモヤして、咀嚼していた言葉を考えてたら、行き着いたのは「私は他人っていう意味での『人』に興味・関心が無い、薄いのではなくて、私自身を含めた『人(類)』に興味・関心を持っていない」→「だから『人(類)』を知る(識る)ために、逆にスピリチュアル系・自己啓発系のことに興味を持つんだな」と腑に落ちました。
そりゃあ私個人の聞きたいことなんて思い浮かびませんよね、私は私にすら興味無いんだもん(・Д・)
とここまで長々と考えたり書いたりしましたが、先日ので言われたことをふと思い出しました。
・真面目に現実的に生きること
・自己犠牲的、精神的な優しさだけでなく、現実的な方法で人に貢献すること
・安心できる人間関係、パートナーシップが鍵
コンサルで言われた時は「真面目に社会生活を送って、彼氏作ればいいってこと?(要約)」って考えてましたが、友人の言葉と合わせたら繋がりました。
…これって、総じて私を含めた『人(類)』に興味・関心を持つことを指し示してるんじゃない!?って。

まさに今、こんな心境(笑)!

具体的に何がどうってことではないんですけど、でも私の中の課題、魂のクリアすべきミッションを掘り当てた気分です。
描いた曼荼羅をアップしているインスタグラム始めました?(*´?`*)
関連記事