パンくずリスト
  • ホーム
  • うつ改善
  • 【うつ病回復期】10時間ほど息苦しさ(過呼吸の前触れのような感じ)が続いたので救急に行きました。【本当に回復してる?】

【うつ病回復期】10時間ほど息苦しさ(過呼吸の前触れのような感じ)が続いたので救急に行きました。【本当に回復してる?】

うつ改善

【うつ病回復期】10時間ほど息苦しさ(過呼吸の前触れのような感じ)が続いたので救急に行きました。【本当に回復してる?】



こんにちは。
動画のご視聴をありがとうございます。

今回は本日朝、タイトルの通り10時間ほど過呼吸の前ぶれのような息苦しさが続き、様子を見ても全く良くなる気配がなかったので救急に行ってきたお話をしております。
夜から朝にかけて苦しんでいる間、助けを呼べない苦しさや孤独感、恐怖を感じて息苦しさという身体的な症状に加えて、精神的にも少し参っておりました。
頓服を処方され、今は少し落ち着いております。

あとがき:
うつ病のみなさま、ならびにご家族や支援者のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。
この季節は本当に過ごしにくい季節かと思います。

動画内で少しお話しさせていただきましたが「うつ病」という病気になるとどうしても外に出るなど意識が外に向く活動をすることが難しくなってしまうので、意識が自分自身という内側に向かっていろんなことを考えてしまうのではないでしょうか。
社会活動を一旦停止せざるを得なくなったり、わたくし自身のように学習の機会を逃してしまった方もいらっしゃるかと思います。

自己重要感を持つことってうつ病の患者さんにはすごく難しいことだと思うのです。
本などにはいともたやすく「患者は概ね自己イメージが実際より低い傾向にある」なんて人ごとのように書いてありますが、それならどうしたらこんな自分でも妥協して生きていけるんだ!と常々思いながら生きております。
おそらく自己重要感の低さを自覚している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

わたくし自身も自己重要感は低い(というよりほぼない)人間で、小学校中学年の頃には「何やってもダメだし気持ち悪い外見だし死にたい」と考えていました。
本当に藁にもすがる思いで、「じぶんが価値のある、生きていてもいい人間だと思いたい」との思いから習い事や学業に精を出してきましたが、結局が私の中では挫折した経験が積み重なっただけとなり、さらにはうつ病になってしまったことで「なにかを頑張ることができる自分」という最後の砦さえなくなってしまいました。

今、なぜ生きているのかはわたくし自身もよくわからないです。

それでも昨日呼吸が苦しい時に、自分が眠れている間も寝付けず苦しんでいる方や症状に悩まされている方、入院治療を余儀なくされている方もいるんだよなあと思って胸が苦しくなりました。

うつ病になってから、もしくはなる前から「自分の命の重み」について考えさせられたことのある方は多いのではないかと思います。
その結果、「自分の価値ってあんまりないや」と思った方もいるのではないでしょうか。
確かに人間は簡単に死んでしまいます。それでも画面を通して出会った方々には生きていてほしいというわがままを言いたくなります。

うまくまとめられなくて申し訳ありません。
自分を大事にしてください、なんてわたくしが言ってもちっとも言葉に重みを持たせることが出来ないからです。

ご意見ご感想、ご要望(リクエスト)などありましたら、コメント欄かTwitter(@mitsuki_oyasai)までお願いいたします🤲
昨日初のリクエスト動画を作りました!自分のできる範囲でしたらなんでもやりますのでお気軽にぜひ(*'▽'*)・・・続きはこちら⇒【うつ病回復期】10時間ほど息苦しさ(過呼吸の前触れのような感じ)が続いたので救急に行きました。【本当に回復してる?】

うつ改善プログラム

テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したうつ改善プログラム

関連記事