パンくずリスト
  • ホーム
  • 別冊
  • 「奴はとんでもないものを盗んでいきました。別冊です」

「奴はとんでもないものを盗んでいきました。別冊です」

別冊

別冊 ドラマ生まれる。

【大人のためのトレンド学】今までの記事はこちらから。   https://ameblo.jp/nofashionolife/themeentrylist-10102886775-1.html 先週の大人のためのトレンド学はこちらから。     90年代に大ブームになったAIR MAXやハイテクスニーカー。現代もブームが来ましたが、そのブームもそろそろ終わりに近づいていて、スニーカーからパンプスに移行してきています。 出典:https://treasurenews.jp/archives/6917/  この90年代末期、ハイテクスニーカーブームからちょっと遅れて来たのが、、、ヴィンテージデニムブーム!! 出典:https://aalengchai.blogspot.jp/2012/03/ AIR MAXに続いてアメカジのアイテムがブームに。ヴィンテージデニムって1978年以前に作られたデニムのことを指します。90年代前半頃の古着ブームや、グランジファッションの下地があって、90年代後半にヴィンテージデニムが大爆発。 状態や年代によりますけど、古ぼけたデニムが、、、レアアイテムだと100万円!!って値段がついていた記憶があります。数十万円のデニムが飛ぶように売れていた時代。今作られているアイテムでは無いので絶対数が限られていて、価格がどんどん上がって行きました。  出典:https://www.mylevis501.com/2015/10/levis-xx-c1879.html 確か世界最古のデニムが1000万円以上で落札されたとかそんなニュースもありました。 出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/hinoya-ameyoko/50155-0040.html  リーバイスの501XXが復刻でも数万円していた記憶があります。雑誌やテレビに煽られて、すげー欲しかったけどお金が無かったONMは502のXXしか買えなかったのはここだけの秘密です。今?全然欲しくないけどね。 この復刻も、できるだけディテイールを近づけているけど作っている機械が違うから全く同じにはならない。そこがまた価格の高騰に拍車をかける原因に。                                       
              ↓クリックお願い致します!

              人気ブログランキングへ

                             まあ、ONM全然詳しくないんで細かい話はよくわからないんですけど、パッチの形がどうだとか、60年代のデニムはこういう特徴があるとか、、、 どうでもいい蘊蓄語ってるヤツが多かったねWWW 出典:https://www.leon.jp/fashions/6464 出典:https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0313-1/ 当時100万円していたようなデニムがいまでは30、40万円くらいで買えるらしいので、当時いかに日本人が熱狂していたかわかりますね。 芸能人だと草なぎ剛がヴィンテージデニム好きで一番有名ですね。雑誌やテレビでヴィンテージデニム愛を語っていましたねー持ってる古着を売れば生きてけるってくらい。芸能界で一番凄いじゃないかな? 出典:https://blog.livedoor.jp/ss1619/archives/35178230.html 出典:https://jyanich.com/archives/6792013.html  90年代ってデニムが誕生した約100年の歴史の中で一番価格が高騰した時代じゃないかな?ここからしばらく、ファッションシーンはアメカジが中心に回って行きます。この話はもう少し後にしたいと思います。 この90年代、ヴィンテージデニムだけじゃなく色んな商品が高値で売られていました。当時はプレミアがつく、、、と言って定価よりも高く売られている商品が多かったです。また明日。        別冊ライトニングVol.180 ヴィンテージデニムの教科書 (エイムック 4014 別冊Lightning vol. 180) 
エイ出版社
 Amazon.co.jpで詳細を見る 
 

別冊について最低限知っておくべき3つのこと

  いつもお越しくださりありがとうございます  5月31日発売ファッションの主役は1つ 内容紹介はこちらから♡ 新刊の中身①新刊の中身②新刊の中身③ 
今日も新刊の中身についてちらっとご紹介させてくださいね(๑˃̵ᴗ˂̵)
毎シーズン更新されるトレンドのアイテム。
服だけに限らず、バッグや靴も素敵なアイテムばかりですよね。

そんな素敵なアイテムばかりでコーディネートしているのに、
なんだかまとまらない…素敵とほめられない…
そんな経験はありませんか?

ファッション誌やインスタと同じ服を揃えてみてもどこかが違う…。

その原因は、上級者があえて言葉にしないほど基本的な、
「コーディネートの公式」を知らないことが原因です。

どんなに素敵なアイテムも合わせ方次第ではお互いが足をひっぱりあってしまうこともあるのです。

たとえば…

素敵な柄のスカートコーデに、モノグラム柄のバッグ(右)とシンプルな黒バッグ(左)。

どちらが素敵に見えますか?

右は、スカートとバッグの柄同士がケンカしてごちゃごちゃした感じに見えませんか?

そこで…
バッグをシンプルな黒に。(左)

スカートが引き立って
コーデにまとまりが(๑˃̵ᴗ˂̵)

上級者があえて言葉にしないほど基本的なことですが、
こんな、ちょっとしたことでコーデは大きくかわります!

そんなヒントをたくさん詰め込んだ本です。ぜひお手にとっていただけたら嬉しいです♡
 
新刊の予約がスタートしました↓↓↓ KADOKAWA より5月31日発売ファッションの主役は1つ Amazon ファッションの主役は1つ [ 杉山 律子 ] 楽天ブックス 台湾、中国、韓国で翻訳出版になりました6刷になりました。本当にありがとうございます!クローゼットは3色でいい Amazonクローゼットは3色でいい [ 杉山 律子 ] 楽天ブックス プロフィールはこちらから ANALOGLIGHTING とのコラボアイテムはこちらANALOGLIGHTING×RitsukoSugiyama | ANALOG LIGHTING OFFICE on the BASE Twitter はじめました!よかったらフォローお願いしますhttps://twitter.com/Ritsuko719 メディア情報 2016. 9    LDK11月号2017. 7     SUUMOジャーナル2017. 7~   LIMIA 記事更新中2017. 9    朝日新聞 9月7日 夕刊 2017. 9    日経WOMAN10月号2017.10    DRESS 2017.11   CLASSY.1月号2018.4    別冊 日経WOMAN お仕事のご依頼はHPお申込みフォームからhttps://www.style-jiyugaoka.com メルマガご登録はこちらから「あなたをさらに輝かせる、オシャレの基本5ステップ」メルマガ登録フォーム Instagram https://www.instagram.com/style_jiyugaoka/ facebookhttps://www.facebook.com/ritsuko.sugiyama.10 ランキングに参加してます!ぜひ、ポチお願いします!!
にほんブログ村

関連記事