防衛は人気商品の産業革命

PR

それにつけても、おやつは防衛!

今月、山中と対戦したリボリオ・ソリス、ルイス・ネリが試合を行った。WOWOWで放送が無さそうなのでビデオ観戦。
●マクドネルVSソリス(WBAバンタム級)
日本にお馴染みのソリス。山中に与えたダメージと言う点ではネリ以上であろうソリスの世界挑戦。前戦で判定に疑問符のついたWBA王者マクドネルとのダイレクトリマッチ。
初回、両者、忙しく上体を動かしなから手を出す。ややソリスの方が積極性で勝るが、両者クリーンヒットは少ない。
2ラウンド、マクドネルのジャブがソリスの前進を弱める。
3ラウンド、開始早々バッティングでマクドネルの左目斜め上がカット。出血が激しい。一旦、再開され激しい接近戦の打ち合いに。ややソリスが打ち勝っているように見えたが傷口が開き無念のストップ。結局、ノーコンテスト。第三戦は必至かな?
●ネリVSビラヌエバ(Sバンタム級)
ドーピング騒動がなければWBC王者ネリの初防衛戦になっただろう。相手のビラヌエバはWBO王者テテに子供扱いされたが未だ世界ランカー。慣れてしまったのか山中以外がWBCバンタム級王者と紹介されるリングコールは不思議な感じがする。
ビラヌエバは基本に忠実なボクサーファイター。ネリはサウスポースタイルから荒々しい左右フックでビラヌエバを攻める。初回からネリが圧倒するが4ラウンド、ビラヌエバの右が当たりネリがダウン。このシーン、上半身しか映っていなかったので分かりづらい。手をついたか、片膝を着いたかのどちらかだと思う。
5ラウンド、何事も無かったようにネリは前に出て手を出す。
決着は6ラウンド、滅多打ちにした所をレフェリーストップ。ネリ。KO勝ち。
この日のネリは山中戦同様、手数重視だったがキレが無かった。また、以前の方がワンパンチを溜めて打っていた気がする。代わりに手数が増えたのでどちらが良いのかわからないが。
ネリはそれなりのファイトマネーを要求しているらしい。ならば山中はジムの先輩、西岡を見習い敵地での対決を期待したい。
連続防衛記録が途切れた今、日本歴代バンタム級最強候補になるには多少の冒険は必要。でないと原田、長谷川に比肩する評価を得るのは難しいように思う。


これからも、生きて行くので 防衛

異聞・井伊谷城奪還戦のEx.16はいかがでしょうか。
安定はしても武器は落ちない。
苦しいところです。
要不要で言うと無くても構いませんがやっぱり欲しいのでもうしばらく粘ることにします。
早めに一つ落ちて欲しいな。
____
遠征の防衛用に…と思い計算した伊集院忠倉が思いの外強く、普通に運用したいなと思っております。
適当に猿飛と無骨で計算したところそこまで火力はありませんでしたが、懐の匕首・天下のお局・猿飛開悟・羅刹1・島津一文字・覇王の鎧だとかなり強いですね。
物理と術の混合なので種族特効を混ぜた結果4種の乗算になり、全体攻撃エースの北条綱成より火力が上という計算になりました。
島津一文字が本当に強力で嬉しいやら悲しいやらといったところです。
そうなってくると更に上位の毛利元就も欲しくなるのが人情というもの。
同じ様な構成で計算した結果、毛利元就と伊集院忠倉では約16%火力に差が出てきます。
近々登場するであろう里見義堯や佐竹義重が物理+術の全体攻撃スキル持ちだったらなぁ、などと考えております。
____
学園お市は武骨者・哀しき青春・猿飛開悟・慧眼2で運用してみようと思っております。
侮れない火力になるので何処かで役にたってくれないものだろうか。
とは言え、常用するのであれば哀しき青春はやはり使いにくいです。
ハマった時は非常に強いですが…。
現在立花道雪につけている哀しき青春は前知の活眼に置き換えようと思います。
島津一文字のお陰でそこまで弱くはなりません。
敏捷upが結構重なってしまうのですが、本人のステータスとスキルは良好ですので(敏捷以外)良いのではなかろうかと思っています。
____
年始に訪れるであろう山城2倍ですが、現状は☆4がどれも魅力的に映ります。
帰蝶は心眼4として2個くらい移植に欲しい。
織田信秀は器用の仁を冷泉隆豊に移植したい。
織田信忠は天下の後継を兵器フィニッシャーに付けたい。
織田信長も第六天魔王を移植したい武芸者がたくさん居る。
…全部素材としてしか見ていませんが、山城2倍早くこないかなぁ。



PR

コメントは受け付けていません。