明日を変えよう!防衛

PR

防衛 はじまりは、いつも。

タダシコJAPAN です!!
ゴッドタン  、ケンカ&ダンス GP 優勝しました?
私と田中さんの満面の笑み感みて!!!笑
タダシコ田中さんと命名させて頂きましたが、カネシコの時もあるらしいです。。(給料日の時とかかな)
でもみなさん。グラビアアイドルのDVDは是非、サンプルではなく購入のほど、宜しくお願いします笑
昨日のゴッドタン  、【ネットでテレ東】アプリで見逃し配信中なので、是非みて笑ってください!ケンカしてダンスしてます!(ざっくり)
→http://video.tv-tokyo.co.jp/god/episode/00063437.html
私この企画、2回目のチャレンジだったんです?

1回目出演の時は、優勝できなくて悔しかったの 悲しいというかむなしいというか笑

もう一度チャンスを下さった、ゴッドタンの皆様ありがとうございました!!!
第3回目もあれば、チャンピオン防衛戦頑張らせてください!!

スリーパイホールドの精度、磨いておきます?

さて!明日11/27(月) 24時?生放送AbemaTV 【妄想マンデー】宜しくお願いします?→https://t.co/djtclo89Bz?amp=1

観ないと後悔する、ムチムチ回です?
????????????????????????????????????

『どっちにするの 』発売中
Amazon→ここから
DMM→ここから東京Lily→ここからサンプル動画ここでみれます^ ^→http://guild-p.com/product/156.html 

防衛でお得にショッピング

 2017.11.27~ 気象情報も戦時は重要な軍事機密 (その1) 仕事に赴くにしても、行楽等で外出するにしても、天候は私達の生活に様々な影響を及ぼすことから、前日の天気予報チェックを欠かさない(欠かせない)人が多いことと思います。 このように私達に身近な気象情報も、戦時中は交戦国の作戦や運用に深く関わっていたことから、重要な軍事機密として扱われていました。  ~ 近代技術の粋を集めても、お天道様にはかなわない ~ 少々の荒天でも構わずに行軍・航行しなければならない陸軍や海軍(ただし艦船部隊)とは異なり、航空機の運用を主軸に据える空軍は気象情報をとても気にします。 第2次世界大戦は、その航空機が戦闘において大きな役割を果たすようになった最初の戦争であり、各国とも気象情報の収集に力を注ぎました。 現在の航空機の大半は「全天候昼夜間対応」が当たり前ですが、第2次世界大戦に投入された軍用機には十分な航法支援装置や操縦補助装置等が備わっておらず、気象状況、特に悪天候は作戦行動を大きく制限しました。 荒天時は、爆弾や燃料を満載した作戦機の離着陸が困難となり、事故が発生するリスクがグンと高くなりました。 無事に離陸できても、編隊を組んで飛行するためには雲の上まで高度を上げなければならず、時間も燃料も普段以上に消費することになります。 また、爆撃目標の上空に至るまでは太陽や星座の位置を観測する航法が使えますが、目標地域が悪天候であれば正確な爆撃は困難です。 このため、悪天候が予測される場合は、空軍による爆撃作戦が中止される蓋然性が高くなりました。   地球温暖化そこのけ ~ 今、北極圏がアツい   (その3)
 ~ 北欧各国も活発な動き ~   中立政策をとるスウェーデンでは、緊張が続くウクライナ情勢をふまえ、与野党ともに防衛力強化の政策を掲げています。  同国の当該外交・安保に関するスタンスには、ロシア軍がバルト海上空で多数の軍用機を飛行させたり、真偽不詳ながら、スウェーデンの領海内で国籍不明の潜水艇が検知されたりした昨今の情勢も影響しているようです。  更に同国内では、ノルウェーやバルト三国といったNATO加盟国やフィンランドとの連携強化を模索しながら、将来のNATO加盟も視野に入れた外交政策について活発な議論が行われています。  隣国のフィンランドも状況は同様で、ロシアが関係強化に向けた秋波を送る中で、中立政策の枠中で隣国スウェーデンやNATOとの関係強化を検討しています。  NATOの加盟国であるノルウェーは、2017年1月から米海兵隊(300名規模)との合同演習を始めました。  米海兵隊の将兵達は、演習中に寒さで装備品が壊れるなど極寒地の洗礼を受けつつ、貴重な知見を積み上げているようです。  バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)では、国防予算増額に加えて、徴兵制の復活を検討する国も現れるなど、緊張感が高まっています。

PR

コメントは受け付けていません。